FF11オンリー同人誌即売会
ヴァナdeマチマチ♪4
2019年10月13日(日)
開催時間13:00~17:00
東京卸商センター3階C/D室
直参40/委託20

以下、カテゴリを選択して下さい。

前へ
次へ
 ●R18に関して  ●グッズに関して

直接参加
委託参加
申し込みの受付方法

R18の頒布・閲覧について

  • 2015年7月15日に児童ポルノの単純所持罪の罰則適用がスタートしましたが、実在する人物に限り、 マンガ・アニメ・ゲーム・フィギュア等は含まれないとの事ですので、タルタルは児ポに含まれません。ご安心下さい!
  • 成人向けの留意点について
  • わいせつ図画(露骨な性器描写)について、刑法175条・青少年健全育成条例など、近年 大変厳しくなってきております。当イベントでは「日本同人誌印刷業組合」 基準で印刷が出来る範囲の修正を加えたR18の頒布を可能とみなします。
  • R18の境
  • 軽いキス程度や、ギャグでの軽い性的からみ(セリフ)、やおい等は全年齢の領域とします。
  • R18に含まれるもの
  • ①はげしい性描写(児童売買春・性風俗・近親相姦・強姦など)
  • ②残虐な暴力  (死体損壊・リンチ・虐待など露骨に描写されたもの)
  • ③自殺・薬物  (自殺・麻薬乱用に誘導する表現 を含むもの)
  • ・R18本を頒布される場合は申込用紙のサークルの傾向成人向けにチェックを入れて下さい。
    ・小規模なイベントなのでゾーイングの設置は致しません。表紙・値札にR18とわかる記載をして下さい
    ・FF11参加者様は成人している方が多いと思いますが
     あきらかに18歳未満であると判断できる場合頒布はしない、閲覧はさせないようにお願い致します。
    ・開催前に見本誌のチェック等は致しません。
    ・すべて代表者の良識の範囲で考えております、客観的にみてあきらかにR18本にも関わらず
      成人向け指定をしない場合、必要な範囲で個別の指導がはいる場合があります。

    グッズに関する注意事項

    造形物・立体物に関して
  • 当イベントでは下記に定める海賊版の頒布を禁止させていただきます。
  • -----------------------
    ■海賊版の定義
    -----------------------
    *本家のキャラやロゴの画像をそのまま使用、またはトレース・加工して使用したもの。
    *本家が過去に出したグッズと似たデザイン。
    *あきらかな営利目的とした大量生産の頒布物や常識を逸した価格での頒布。
    *正規品の転売。
    *本家や他者への誹謗中傷にあたる頒布物。
    -----------------------
    ・上記を頒布することは趣味を逸脱します。

    ・造形物・立体物は同人誌以上に厳しくなっています。
     当人が大丈夫な範囲と思っても、他者から観ればアウトと感じることがあります。
     同人誌は奥付に作者名が入りファンアートとわかりやすいですが、
     造形物・立体物はそういったものが無く
     公式から出たものと勘違いされるケースがあります。
     心を込めて作ったグッズが海賊版と捉えられてしまう可能性もあります。
     上記を頭の片隅に留めて頂きつつ
     参加して下さった全ての皆様が楽しめる場所でありたいと願っております。

     SNS等、沢山の人目に触れる所で宣伝をされる際は、
     個々で意識した宣伝を心がけていただければと思います。

    追記:あくまで主催の中の人の見解となります。
    はじめに作品のいちファンとして、公式が全てと考えております。
    グッズを作成したいと思い立ったと同時に考えてみてほしいことの一例として、公式がグッズを作成する際、デザイナーは似たデザインがないか気を張ってリサーチするでしょう。
    それを踏まえて企画をたてていたデザイン・レイアウト作成中に、想定していたものと似たデザインを二次で見かけてしまったとしたら…本家はそのデザインを使えず、一から企画の練り直しに繋がってしまい、結果、本家を困らせるという事にもなりかねない可能性もありえる、ということをご留意ください。

    また、同人の暗黙のルールは独特なものもあります。
    同人と無関係の人など、不特定多数が閲覧できるSNSでは口外できないこともあります。
    トラブルが起きる前に、
    ご不明な点は参加する同人誌即売会の要項をよくご覧になるか、公式ではなく、イベント主催にお問合せを。
    もしくはお知り合いで同人経験者がおられれば、個別に相談されることをオススメ致します。

    当イベントは各々アイディアを駆使し、ファンの皆さんで楽しく交流できることを祈っております。
    ページのトップへ戻る